#contents

*炭水化物ダイエットとは [#bfb6d9b6]
現代の食事では、炭水化物中毒と言える位、糖質を中心にエネルギーを摂るようになった。

炭水化物ダイエットでは、食事から摂取する糖質を減らすことで、
摂取エネルギーを減らすダイエット法。

オカズの種類を増やせるので、栄養バランスがとりやすい。

炭水化物ダイエットは、低糖質ダイエット、アトキンス式ダイエット、ケトン式ダイエット、
ローカーボダイエットとも呼ばれる。

*別名 [#fdd6f05e]
-糖質制限ダイエット
-炭水化物抜きダイエット
-ローカーボダイエット
-アトキンスダイエット
-アトキンス式ダイエット

*基礎知識 [#uc78428f]
**低カロリー食との違い [#yf1eb95b]
-面倒なカロリー計算は必要ない
-極端に食事量を減らす必要がない
-食欲が抑えられる
空腹感を我慢しなくていい

**炭水化物中毒に最適 [#gd9dc0ff]
糖質である炭水化物を多く含む食品、つまりパンや御飯や甘いものなどを
普段からよく食べている人に最適なダイエット法。

**糖質(炭水化物)の量とインスリンの関係 [#o72a1a91]
-食べた炭水化物は、消化によりブドウ糖に変化する。
-すい臓から分泌される。
-肝臓でブドウ糖をグリコーゲンとして蓄える。
-ブドウ糖は脳や筋肉のエネルギー元
-余ったブドウ糖は中性脂肪として体内で蓄えられる。

**成分表 [#ud1f3165]
成分表を見る習慣を身につける。

食べようとしている食品に、糖質、炭水化物が
どのくらい含まれているかを把握する。

食品によりその食品100gに含まれる糖質であったり、
1回分(たとえば15gなど)に含まれる糖質であったりするので、
間違いないように注意。

**脂質の摂取について [#f65888d1]
-むやみに減らさない。
-必要な栄養素である。
-減らし過ぎると肌が荒れたりする。
-脂質を減らすのではなくて、良質な脂質を摂るようにする。
例.肉から魚にする等

**食べられる食品 [#kd368688]
炭水化物ダイエット中に食べる量を特に制限する必要のない食品。
糖質・炭水化物をほとんど含まない食品
-肉
-鶏
-魚
-糖質ゼロ食品
-ゼロカロリー食品

**食べれない食品 [#y4b723df]
炭水化物ダイエット中は食べれない、もしくは量を制限する食品。
糖質・炭水化物を多く含む食品
-御飯
-いも類
-果物
-牛乳
-お菓子

**不足しがちな食べ物 [#xe39fbe5]
-食物繊維
食べる量が減るので、食物繊維が不足すると便秘がちになる。
-ビタミン・ミネラル
食事だけで不足する場合は、サプリメントで補う。

**水分補給を十分にする [#s8cefadf]
炭水化物ダイエットを実践するうえで大切な項目。
身体の負担を軽減するために、十分な水分補給を行う。
[[ケトン体を参照>#g839dd1a]]

*実践 [#xe625d5f]
炭水化物ダイエットには3つのステップがあります。
-[[誘導段階 >#yc45a49c]]
-[[減量段階 >#d0ef882f]]
-[[体重維持段階 >#cfdbc05c]]

**準備 [#t5af5494]
炭水化物ダイエットでは、記録を取ることが大切です。
長い期間ダイエットを続けていると、成功する日もあれば、失敗する日もあります。
記録を付けていると、成功した理由、失敗した理由が見えるようになります。
無理なく、自分の身体に最適なダイエット方法を見つけます。

***体重計 [#iae15bcd]
-毎日決まった時間に体重を測って記録する。
-体重の増減によって、食べる内容を調節するので、必ず測ります。
-100g単位まで測れる信頼できるヘルスメーターを使う。

**誘導段階 [#yc45a49c]
-最初の14日間続ける
-ごはん、果物、牛乳、いも類、お菓子などから糖類は取らない。
-炭水化物中毒の人は、この段階で体重が大きく減少する。
-炭水化物ダイエットが自分の身体に適合しているか確認。
-この段階で体重がほとんど減らない方は、適合しません。

**減量段階 [#d0ef882f]
-少しずつ糖質の量を増やします。
--体重の減りが少ない時は糖質の量を減らします。
--体重の減りが大きい時は糖質の量を少し増やします。
-目標体重に到達できるまで続ける。
-牛乳、果物類も食べれるが、取り過ぎないように。

**体重維持段階 [#cfdbc05c]
-体重が維持できる程度の量まで糖質を増やせます。
(個人差がありますが、多い人でも上限は250g程度になります)
-それでも減量を始める前よりも糖質の量は少なくなります。
(これが1日に取れる糖質の上限値となります)
-減量段階と同じように、体重の増減によって糖質の量を加減します。

*注意すべきこと [#nd21a457]
**身体に疾患のある場合 [#tedfb7c2]
糖尿病、低血糖症、腎臓病、肝臓病、心臓病の方
必ず医師に相談します。
命に関わる問題です。

**高タンパク質 [#s9f4669d]
腎臓に負担がかかる。

**ケトン体 [#g839dd1a]
糖質の貯蔵が枯渇すると、脂肪の燃焼が始まります。
脂肪の分解と同時に、ケトン体((主にβ-ヒドロキシ酪酸とアセト酢酸で水溶性))が大量に生成されます。

十分な水分補給を行うことでケトン体を体外に放出する。
これで内蔵負担も軽減される。

ケトン体が体内に蓄積すると、ケトン臭((甘酸っぱい臭い))がする。

**少しずつ炭水化物を増やす [#o25bf6e1]
ダイエット一般に言えることですが、炭水化物を急に元の量に戻すと、リバウンドが起こる。

*食品[#p2a473a9]
**肉加工品 [#gfdb6669]
**魚介類・シーフード [#i17b1272]
**野菜・きのこ [#b71f6625]
**チーズ・乳製品 [#g341164d]
**卵・玉子 [#r87c52be]
**糖質ゼロ食品 [#k506c375]
[[炭水化物ダイエット/糖質ゼロ食品]]にページ分けしました。

**ゼロカロリー食品 [#y9091310]
[[炭水化物ダイエット/ゼロカロリー食品]]にページ分けしました。

**甘味料 [#r22a4000]
[[炭水化物ダイエット/甘味料]]にページ分けしました。

**食事メニュー [#b399c5c3]
**外食 [#vc9764e6]

*健康補助食品 [#l8a471af]
**ビタミン類 [#d16ac336]

*参考書 [#we1b0e51]
**炭水化物ダイエット [#a86c39e1]
**栄養素 [#g1a4c20b]

*関連記事一覧 [#h9f93433]
#ls2_p