検査/アルブミン

アルブミンとは

アルブミンは、約600個のアミノ酸からできた分子量約66,000の比較的小さなタンパク質
血漿タンパクのうち約60%
血漿タンパクの中で最も量が多いタンパク質

別名

役割

  • 血管内に水を保持。
    血管中の血液量や体内での水分の量を調整する。
  • 脂肪酸やホルモン、薬物など様々な物質と結合して、必要な部位にこれらを運搬する

基準値

正常範囲は3.9g/dL以上
3.8g/dL以下は低栄養予備群
3.5g/dL以下は低栄養状態

分類

  • 卵アルブミン
  • 血清アルブミン
  • 乳アルブミン

アルブミンが不足すると

  • 肝疾患
  • ネフローゼ
  • 栄養失調
  • 血液の量が少なくなる
  • お腹や肺などに水が溜まる

アルブミン検査

関連記事

参考記事