健康食品/セント・ジョーンズ・ワート

セント・ジョーンズ・ワートとは

セント・ジョーンズ・ワートは、セイヨウオトギリソウという植物を指す。
西洋では、外傷や軽いうつに使用されてきた薬用ハーブである。
近年はうつ病の治療で、従来の抗うつ薬よりも副作用が少ないとする研究がある。

別名

  • セント・ジョンズ・ワート
  • セイヨウオトギリソウ
  • 西洋弟切草
  • ゴートウイード
  • ヒペリクム

効能

  • 軽度から中程度のうつ病
  • 身体化障害

成分

  • ヒペリシン
  • プソイドヒペリシン
  • ヒペルホリン
  • セスキテルペン

など

注意

他の薬物の効果に強く作用する。
医薬品との相互作用には最新の注意が必要。

妊娠授乳期、妊娠を望む男女、双極性障害、統合失調症、
アルツハイマー病の人は使用しないこと。

飲み合わせ

関連記事