健康食品/コンドロイチン硫酸

コンドロイチン硫酸とは

コンドロイチン硫酸は、皮膚や脳などのあらゆる組織に存在する。
軟骨に多く存在する。
関節がスムーズに動くように働く。
ヒアルロン酸グルコサミンと同じくムコ多糖の一種。

別名

  • コンドロイチン
  • コンドロイチン硫酸塩

効能

  • 変形性股関節症の痛み
  • ドライアイの点眼薬として

注意

一般的に安全と思われる。

市販品の中にはマンガンを過剰に含むものがあるので、
信頼出来る製品を使う。

妊娠授乳期は使用しない。

喘息、前立腺がん患者、
前立腺がんリスクの高い人は使用しない。

飲み合わせ

関連記事

参考記事

コンドロイチン硫酸 - Wikipedia